NZパブリックシステムのウエイティングリストの問題は耳にされた方も多いと思います。特にオークランド地区とカンタベリー地区はNZ国内の中であまり良くない状況なのはご存知ですか?

そんな訳で、このニュースレターの管理者であるDukeさんがフェイスブックでも紹介していましたが
<href=”https://www.facebook.com/groups/connectjpnz/permalink/1254427261259088/” target=”_blank”>FBの投稿
4月4日のJ-capのセミナーで医療保険のハナシをさせていただきます。

医療保険の仕組み、日本の医療保険との違い(日本の医療保険とまったくちがいます!)、などをNZの医療システムやウエイティングリストの問題と関連を含めて解説する予定。(もちろん日本語で)

保険はその方のビザ状況に左右される場合も多いので、永住者だけでなく、ワークビザやワーホリ、留学生の方などの保険がどう関わるかなども出来るけ多くの方にお役に立つよう、また質問の時間を多くとって幅広くお答え出来るように計画していますので、お誘い合わせ上お越しください。