お金の学校 in NZ #1

f:id:connectjpnz:20170112070301j:plain

初めまして!
NZと日本の二重生活者のダイスケです^_^
(このnews letterの主催者:Dukeさん=ダイスケさんと同名ですが、全くの別人です)

大学卒業後に、日本で外資系の金融機関に就職してから10年以上、朝から深夜まで働きました。現在は会社を退職し、個人事業や法人形態でスモールビジネスを営んでおり、活動範囲は、NZおよび日本、その他です(笑)

※ NZでは、SHARAKUという日本食レストランの経営と、FXトレードのプラットフォームを紹介・提供するサービスをしています。

会社勤めの頃から、金融や税務などに関わっていたので、今でも、「お金にまつわる仕事」は大事な事業分野として取り組んでいます。

最近、お金の世界では、Bitcoinやrippleなどの仮想通貨が流行っています。インターネット上で国境を越えて瞬時にお金が行き交う利便性は、既存の銀行が提供するサービスを超えるのではないか?など、もてはやされています。

物流や人の流れは、グローバル化がどんどん進み、便利に・早く・安全に、動けるように日進月歩していますので、お金の流れも同じように…ということなのでしょうか。

NZや海外への移住を志す人、また、海外への造詣が深い人ならば、お気付きかと思いますが、実際の日本や世界の動きは、お金の動きへの制約を強めているように映ります。

ギャップを埋める期待を寄せられる仮想通貨にしても、現状では日本円やNZドルを超えるような信用をするには値しません。

留学やワーホリ、移住の際に、日本円(JPY)→ニュージーランドドル(NZD)にするには、何がベストな選択肢なのか?といった身近な話題や、NZの銀行の話、銀行以外の金融サービスの話、FXのトレーダーには賛否両論あって有名なNZのFX会社の本当の話、余裕があれば日本とNZでのビジネスの話なども書けたら良いかな、と思っています。

もしテーマのご希望などあれば、ご要望を頂ければ、可能な範囲では書いてみます^^;
もちろん、個人的なご相談なども…

**********************************************

リクエストはこちらまでお願いします。

The following two tabs change content below.
Daisuke Watanabe

Daisuke Watanabe

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です