子育てと仕事の両立させる4つのポイント

 

Rainbow's Endにて

Rainbow’s Endにて

 

 

日本からNZ移住を希望するご家族とお話をする時、よく聞かれていた質問の1つは、NZのチャイルドケアについてのご質問でした。

 

NZには13歳以下の子供だけで家にいることができない法律がありますので、やはり親がNZで学生や仕事をすれば、13歳以下のお子さん達には何らかのチャイルドケアが必要になってくるわけですね。

 

私も一時、保育園に3人の子供を預けてビジネスをしていたことがありますが、正直言って子供を預けて働く意味が全くわからないほど、高額な金額を支払って保育園を利用していました。

 

さらにその上、住み込みのオーペアさんまで雇っていたので、チャイルドケアに住宅ローン並みのコストがかかっていました。

 

今から考えれば恐ろしい話ですが、とにかくその時はビジネスを軌道に乗せようと、一生懸命になっていた感じです。

 

また子供4人の子育てに疲れていたので、『ビジネス』という子供を預ける為の正当な理由が欲しかったのかもしれません。

 

今では末っ子の双子君たちも小学高2年生(6才)になり、ビジネスと家庭も両立してバランスもとれていますが、この変化は『子供が小学校に上がったから』という以外にも大きな理由があったように思います。

 

次回からは、NZのチャイルドケア事情について書きながら『子育てと仕事を両立させる4つのポイント』をご紹介していきますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

The following two tabs change content below.
NZ在住20年+、現地ガイド、国際線CA、カフェ経営、オーペアエージェント経営を経て、現在では、宇宙の法則を基にした『意図的創造法5つのステップ』や6週間で参加者が合計約1億4千万円を引き寄せた『お金の引き寄せチャレンジプログラム』など、ネット参加型のマインドアカデミーで様々なプログラムをご提供しています。   また2017年1月より宇宙の法則をベースにしたコーチングスキルを学べるオンラインコーチングアカデミーをスタート。 私生活ではKiwiハズバンドと4人の子供たちと爆笑生活を満喫中。

Mari Fenn

NZ在住20年+、現地ガイド、国際線CA、カフェ経営、オーペアエージェント経営を経て、現在では、宇宙の法則を基にした『意図的創造法5つのステップ』や6週間で参加者が合計約1億4千万円を引き寄せた『お金の引き寄せチャレンジプログラム』など、ネット参加型のマインドアカデミーで様々なプログラムをご提供しています。   また2017年1月より宇宙の法則をベースにしたコーチングスキルを学べるオンラインコーチングアカデミーをスタート。 私生活ではKiwiハズバンドと4人の子供たちと爆笑生活を満喫中。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です